【参加募集】8/20 14:00- えどぴ-保育の専門性を高める会-

第24回 えどぴ -保育の専門性を高める会-


日時:8月20日(土) 14:00-17:00くらい

場所:[ハイブリット型]➀大田区池上・たくらみ荘 ②ZOOM

費用:ドネーション(無料から3,000円)

※えどぴを応援して頂ける方は下記のリンクからご支援をお願いします。

https://edopi0820.peatix.com/


テーマ:保育者と旅 -旅行と旅と放浪、ゆとり、偶発性-

前回のテーマ「保育者の学び -みんなどうやって学んでる?-」では、参加者自身の学びや同僚の学びや、それに対する意欲などについて話になりました。また「語りあう雰囲気」と「語り合う時間」について、そして「どう時間的にも精神的にも“ゆとり”を作るのか」など、とても興味深い話が出てきました。それをふまえて、今回は「保育者と旅」というテーマから語っていきたいと思っています。久保田の今までの歩みや世界一周でのこと、そしてこれから日本を巡る旅について、子どもや保育の実際だけでなく、保育者としての在り方も見つめ振り返っていきたいと思います。また、新たな視点とも出会えたらと思っています。時間が許せば、晩夏から出かける「日本全国を巡る旅」の経過報告や作戦も聞いてもらえたら幸いです。いろんなことやあんなこと、ラフにフラットに話せる場になったらと思っています。まだまだ暑い日々です。冷たいものもご用意してお待ちしています。気軽にお越しください。


◆前回の開催報告(note:https://note.com/aurorajourney/n/nc860eb6062d6



◆ファシリテーター

久保田 修平(note:https://note.com/aurorajourney

共育者・保育士/東京都大田区出身/私立保育園に7年間勤務後、夫婦で600日間25カ国の世界一周に出かける。「世界の子育て、保育を知る旅」を掲げ、保育教育施設の視察・海外在住日本人保護者へのインタビューを実施。帰国後、保育現場に戻ると同時に、団体「aurora journey -保育の世界を旅してみよう-」を発足。「保育者の専門性が高まることで、社会がより良くなる」を理念に、講演会・研究会・動画配信を精力的に行なっている。待望の書籍が昨年発売された。今年9月19日《新しいカタチの保育・子育てフェス》「第1回えどぴフォーラム」を開催。



◆えどぴについて

600日間25か国の旅を終え、2018年4月から研究会を発足。「保育者の専門性を高めることが、社会をより良くする」を理念に、自己保育方法論の確立を目指した対話を中心とした安心安全な保育の探求の場。えどぴは3つの言葉からの造語である(education(保育・教育・共育)/edo(江戸・循環型社会)/peaks(頂・連峰))。まるで登山者が山頂を目指し、一歩一歩進むかのように。そして専門性の高い保育者の山々が連なり、連峰として繋がり合い、社会を豊かにしていく。



◆主催:aurorajourney -保育の世界を旅してみよう-

◆お問い合わせ先:aurorajourney5298@gmail.com

◆HP:https://www.aurorajourney.com/

Aurora Jouney.について
IMG_7005.JPG

理念「大人が輝くことで、子どもが輝き、社会がより良くなる」の基に、子どもに関わる大人に対して、参加者との対話を大切にした場を作っています。

  • homepage_87530
  • Facebook
  • Twitter
  • peatix
  • YouTube
  • Instagram
  • unnamed
代表のプロフィール
DSCF5592.jpg

久保田修平。1984年、東京都大田区出身。「世界の子育て、保育を知る旅」を掲げ、600日をかけヨーロッパ・北中南米・ニュージーランド・アジアの25ヶ国を訪問。

表紙 枠入り.jpg
​講演依頼・お問い合わせ
IMG_2359_edited_edited.jpg
最新レポート
レポートカテゴリー